プロミスの本人確認の方法はどんなもの?

 

プロミスで借り入れをしたいけど、本人確認がどのように行われるか気になるという方もおられることでしょう。
今回はプロミスの本人確認の方法について見てみましょう。

 

本人確認の一般的な方法というとやはり電話での確認ではないでしょうか?
一度も借り入れをしたことがないと、どんな電話がかかってくるのか心配かもしれません。

 

プロミスから電話がかかってきて、「プロミスの〜〜と申します。現在当社のフリーローンサービスにお申込み中の〇〇さんをお願いしたいのですが、よろしいでしょうか?」などという事はありません。
プロミスなどの消費者金融からの電話確認では会社名を出して確認してくるのではなく、「△△という者ですが、〇〇さんはいらっしゃいますでしょうか?」など、担当者の名前だけを電話で伝えるだけなので、基本的にバレてしまうことはないでしょう。

 

しかし、普段自分宛てに電話などかかってこないという業種の方や、電話受付の人に勘の良い人がいるなどの理由で電話確認を避けたいという方もおられるでしょう。
では電話確認以外の本人確認方法がプロミスであるのでしょうか?

 

このような場合、在籍確認の電話に相当する書類を用意して提出してみるという方法があります。
本人が職場に在籍しているという事が分かるものを提出すればいいわけですが、会社の社員証社会保険証などを提出することで、その職場で本当に働いているという証明を出来ることがあるようです。

 

しかし、プロミスでは基本的に電話確認が通常方法のようなので、必ず認められるというわけではないようです。オペレーターとよく相談して確認してみましょう。

 

プロミス申込み時の身分証てどんなもの?

 

CMで有名なプロミスからキャッシングしてみたい、と思っておられる方、申し込むのにどのような書類が必要になるのかチェックしてみましょう。

 

 運転免許証

 

 健康保険証orパスポート+住民票  など

 

※外国籍の場合、「在留カード」または「特別永住者証明書」も必要です。

 

 

そして希望借入額が50万円を超える場合、もしくは希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合は、

 

 収入証明書類

 

 源泉徴収票(最新のもの)

 

 確定申告書(最新のもの)

 

 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)賞与がない場合直近2ヶ月の給与明細書

 

自動契約機で申し込む場合

 

自動契約機で申し込みたい場合、まず自宅などでインターネットから申し込んで置くと、自動契約機で最初から入力するよりもスムーズに行きます。
インターネットでも自動契約機でも入力する内容は変わらないので、結構な入力項目があると、自動契約機の場合立って行うので、面倒だったり疲れたりするからです。

 

インターネットでまず審査を、土日祝含む毎日朝9時から夜9時の間に申し込んでおくと、最短で30分くらいで審査結果を得られます

 

その後自動契約機営業時間内に先ほどの本人確認書類(身分証)を持っていきます。
持って行かないと、自動契約機でスキャンして送信する時にそれができず、最終的な契約まで至らないのでご注意ください。